駐車場補修ドットコム(株式会社タイロンコーポレーション)が駐車場で使われるコンクリートとアスファルト、それぞれの特徴をご紹介します。

ご相談・お問い合わせはこちら!

24時間受付!

24時間受付!【電話受付】平日:9:00~18:00

コンクリートとアスファルト、どっちがいいの?

HOME > コンクリートとアスファルト、どっちがいいの?

コンクリートとアスファルト、2種類の素材の中からお客様のご依頼に最適な素材を選定し、施工いたします。

皆様は、コンクリートとアスファルトの違いをご存知ですか?どちらの素材も名前は知っていても、それぞれの特性を詳しく説明できる人は少ないのではないでしょうか。
実は、コンクリートとアスファルトは、似ているようで色々と違いのある素材です。
駐車場補修ドットコムでは、それぞれの素材特性を把握した『施工のプロ』として、お客様のご依頼ごとに最適な素材を選んで、舗装・補修を行ってまいります。

アスファルトの特徴

材料

炭化水素を主成分とする黒色の固体・半固体・液体。
ほとんどが原油由来。

使われる場所

・一般的な道路によく使用される。
・砂利の場所などでも状況によっては上から使用可能。

メリット

・比較的どこでも施工しやすい。
・面積が広いほど安価。
・施工期間が短い。
・車の走行性が良い。
・古いアスファルトに重ねて補修することもできる。
・比較的撤去しやすい。

デメリット

・轍(わだち)ができやすい。
・高温になると軟化しやすい。
・耐久性でコンクリートに劣る。

耐久年数

・約10年

コンクリートの特徴

セメント(石灰石や粘土を焼いて粉砕したもの)に砂・砂利・水を調合したもの。
・建物によく使用される。
・狭小地で地盤の悪いところ。
・頑丈で長年使える。
・轍(わだち)になりにくい。
・熱を持ちにくい。
・比較的高価。
・施工期間が長い。
・頑丈ゆえに後ほど工事しにくくなる。
・撤去費用が高い。
・約20~50年